心眼必中つのドリル

よっちー's blog

【S8シングル構築】全対応ラキウイン【最終66位/レート2114】

はじめに

初めましての方は初めまして,そうじゃない方はそうじゃない,
よっちーです.(@perolove16)

今回は剣盾シングル シーズン8において最終66位となった構築を紹介しようと思います.
どんな構築に対しても一定の勝ち筋を作れるようなバランスの良い構築になったので,受け攻め半々の構築を使いたい方の参考になればと思います.

使用構築・努力値配分

f:id:cochixy:20200803103035j:plain

パッチラゴン(はりきり) ようき

165-152(252)-111(4)-x-90-139(252)

ミミッキュ(ばけのかわ) ようき

131(4)-142(252)-100-x-125-162(252)

トゲキッス(てんのめぐみ) ひかえめ

179(148)-x-115-189(252)-135-114(108)

ラッキー(しぜんかいふく) ずぶとい

335(76)-x-62(252)-x-145(156)-73(20)

ウインディ(いかく) ずぶとい

191(204)-x-144(244)-120-100-123(60)

カバルドン(すなおこし) わんぱく

215(252)-132-187(252)-x-93(4)-67

コンセプト

受け攻め半々のサイクルパ.
ステロや電磁波,鬼火でイタズラをしながらダイマエースを通す.

構築経緯

環境に多いアタッカーのポケモンを1匹1匹対策していくことでサイクル戦ができるように個体を採用していった.

・対策必須のエースバーン,ゴリランダーを止めれるポケモンとしてHBウインディを採用.

ウインディで止めれない物理アタッカーのギャラドスに強くエースバーンやゴリランダーにも弱くないスカーフパッチラゴンを採用.

・これでもまだ止まらないウーラオスに強く出れるトゲキッスを採用.

・これでもまだきついパッチラゴンの対策としてHBカバルドンを採用.

・特殊アタッカー全般を止めれるラッキーを採用.

・サイクル戦をする上で厄介なダイナックルを透かすことができ,また最強のスイーパーである玉ミミッキュを採用.

全対応サイクルパの完成.
 

選出・立ち回り

選出は先ほどの構築経緯の考えに基づいて次のように考えましょう.

相手のパーティーを見て,対応するポケモンをできるだけ(受) : (攻) = 2 : 1 で選出.

(相手のポケモン : 対応ポケモン
エースバーン : ウインディー(受).カバルドン(受)
ゴリランダー : ウインディー(受),トゲキッス(攻)
トゲキッス : パッチラゴン(攻),ラッキー(受)(ラッキーだけではきついかも)
ウーラオス : トゲキッス(攻)(初手に来ることが多いのでこちらも初手選出で)
パッチラゴン : カバルドン(受),ミミッキュ(攻)
水物理アタッカー : パッチラゴン(攻)
ポリゴン2・その他特殊アタッカー : ラッキー(受)

 

相手のパーティーを見て,次のように立ち回りを考えましょう. 

vs 受けル

1. 早めにステロを撒くことを意識.ラッキーの電磁波でできるだけ確率を有利にする.
2. タイミングを見てミミッキュトゲキッスを投げ,無理やり積んでダイマ全抜きを狙う.
3. 数的有利をとったら,ラッキーともう一体をくるくるしながらTODを狙う. 

vs 受けル以外

1. (受)ポケモン2体でサイクルくるくるしながら,ステロや鬼火,電磁波で嫌がらせをする.
できるだけ最後の一体を見せずに,最後の一体でどうやったら全抜きをできるかを考えながら立ち回る.
2. 最後の一体で全抜きできる準備が整ったら,(受)ポケモンは雑に捨てて,(攻)ポケモンダイマ全抜きを狙う.

※ 慣れてくれば,ウインディカバルドンダイマを切った方がいい場面などもわかってくるかもしれないが,難しいので説明は省く.

重いポケモン

・パッチラゴン+ゴリランダー
トゲキッスカバルドンのサイクルでなんとか対応.意外になんとかなる.

・ウーラオス
トゲキッスで対応したり,電磁波を入れてミミッキュで対応.
何回かのサイクルは普通に対応できるが,どこかで読みが必要になる.

・地面剣舞アタッカー
正直いちばんきつい.球持ちやラム持ちが多いので気をつける.
読み全開でなんとかする.

結果

TN よっちー 最高レート2131 最終順位66位

f:id:cochixy:20200803122737j:plain

最後に

今回,シーズン6ぶりに最終2桁をとることができました.紹介した構築は,最終日3日前から使用しました.この構築の戦績としては17勝3敗でそこそこ上位帯でも戦えるものだと思います.
自分はポケ勢の知り合いが少なく,構築を1から個人で作るのはかなりしんどかったですが,2回目の最終2桁はとても自信になりました.

今回の記事についての質問や構築相談をしたい方はツイッター(@perolove16)のDMに来てください.ポケ勢はどなたでも歓迎します.

剣盾s6最終79位 環境メタナットカビルチャ

初めまして,よっちーです.(Twitter : @perolove16)

剣盾s6シングルで最終79位(レート2119)になることができたので

簡単にですが,記事にしようと思います.

記事を書いたこともなく,人の記事もあまり読まないので書き方がよくわからないですが,少しでも参考になれば幸いです.

質問や指摘はツイッターで気軽にしてください.(ポケ勢の友達少ないので,フォローしてくれると喜んでフォロばします!構築相談とかしてみたい!)

 

f:id:cochixy:20200602182358j:plain

 

使用構築

f:id:cochixy:20200602160028j:plain
(チームID発行するの忘れたけど,要望あれば載せます.)

構築経緯

まず,環境に多いカビゴンミミッキュで止まらないエースとしてルチャブルに可能性を感じ,ルチャブルを軸に構築を考え始めた.そのため,タスキで止まらないようにステロ持ちのナットレイナットレイの苦手な炎を受けつつステロと相性の良いあくび持ち残飯カビゴンを採用した.

このとき,鬼火身代わりドラパルトをはじめ,多くの身代わり持ちポケモンがきつくなるのですりぬけドラパルト,また,ルチャブルでは倒せないアーマーガアや圧倒的な物理受けポケモンに強いメガネ持ちのウォッシュロトムを採用.

最後に第二のエースとして,あくび対策のラムの実ポケモンにきのみを食えないほど緊張してもらうために緊張感アーマーガアを採用した.

個体解説

ドラパルト@達人の帯 すりぬけ 体感使用率4位

臆病 h4 c252 s252

10万ボルト/かえんほうしゃ/シャドーボール/流星群

ルチャブルが選出できない時のエース.

パッチラゴン+アーマーガアのような並びに対してかなり強い.s+1 最速パッチラゴンの上を取れるように最速.身代わり対策ですりぬけ.

多くのプレイヤーが10万や放射をうつドラパルトをメガネ持ちだと勘違いしてくれるため,試合序盤はメガネ持ちであるかのように立ち回りをするようにし,終盤は相手の勘違いを生かして読みを入れて行動するようにした.達人の帯の火力補正によって,相手視点では,いのちのたまではないならメガネかぁってなるのもわかる.

とにかく強かった.

 

ナットレイ@オッカの実 鉄の棘 体感使用率3位

呑気 h252 b252 d4 (最遅個体)

ジャイロボール/やどりぎのタネ/ステルスロック/守る

ルチャブルで全抜きをするための準備スタッフその1.

ステルスロックをまくことが一番大事な仕事なので多少対面不利な状況もステロから入るようにした.持ち物はタスキかオッカの選択だと思うが,オッカの方が炎技をくらった後も体力が残り,やどりぎの回復やまもるによって択をつくることができる点で強いと思う.基本的に雑に使っていいポケモンであり,起点にならないように注意が必要.宿り木を嫌って,守る読みの交代をしてくるプレイヤーが多く,宿り木連打をすることであくびループならぬ宿り木ループの状況ができることも多かった.

宿り木は連打安定,外しは知らん.

 

ウォッシュロトム@こだわりメガネ 浮遊 体感使用率5位

真面目(臆病ミント) h4 c252 s252

10万ボルト/トリック/ハイドロポンプ/ボルトチェンジ 

ルチャブルの苦手なアーマーガアや受けよりの構築に対する対策枠.

素早さのラインを考えるのが面倒臭く最速にしたが,素早さ関係がわかりやすく立ち回りやすかった.アーマーガア対面は裏にじめんタイプがいることが多いので,目の前のポケモンを見ずに,相手の裏に対しての技を選択するように心がけた.ドリュウズホルードドサイドンを後投げしてきたプレイヤーにはキレられたと思う.ごめん.

 

カビゴン@食べ残し 厚い脂肪 体感使用率1位

腕白 h252 b252 d4

空元気/守る/あくび/DDラリアット

ルチャブルで全抜きをするための準備スタッフその2.

ステロを撒いた後のあくびループは昔から有名な戦法であり,今でも雑に強い.カビゴンは使用率の高いポケモンであり,特に言うこともないが,技は最近見なくなったDラリを採用した.印象に残っているシーンとして,流行りのビルド身代わりエースバーンに対して,

身代わり読み空元気

→ ビルド読みあくび

→ 空元気を身代わりで耐えて眠りターンを消費する読みDラリ

を決めた時は流石にニヤニヤしてしまった.丸腰のエースバーンが眠った.

 

アーマーガア@ラムの実 緊張感 体感使用率6位

腕白 h252 a4 b52 d180 s20

挑発/羽休め/ブレイブバード/ビルドアップ

なんでこんな調整なのかは覚えていない.昔育成していた緊張感アーマーガアをそのまま使用した.信頼感のなさからほとんど選出していない.ただ,選出した試合では活躍した.確か,ビルド二回でダイジェットがHBドヒドイデに半分入る.

欲をいえばラムの実であくび対策をしている相手に対して後投げから眠らせるようなオシャレムーブをしたかった.上手く使えば可能性はあると思う.

 

ルチャブル@いのちのたま 型破り 体感使用率2位

意地っ張り h4 a252 s252

ブレイブバード/インファイト/あなをほる/つるぎのまい

本構築のエース.

環境に多いドラパミミカビキッスあたりは一度剣舞すれば玉ダイジェットするだけで相手がダイマを残していても全抜きできる.逆にいえば,先にダイマを切らせていればダイジェットするだけで簡単に勝てることが多かった.

あなをほるを採用することによって,ヒトムやミトム,ガルドなどでも止まらない.ダイマエースとして採用するならあなをほるで正しかったと思う.確実に本構築のMVP.

注意としては,体力満タンのHBカビゴンやHBナットレイが玉インファで落ちないほど火力はそこまでなのでルチャブルを出す前にステロや宿り木を含めて全抜き体制を整えることが重要である.

 

選出説明

・基本選出 (6,7割これ)

ナットレイ + カビゴン + ルチャブル

 

・vs アーマーガア入り

ミトム + ドラパルト + カビゴン or アーマーガア

 

・vs 初手ダイマ + ミミッキュ + エルフーン

ドラパルト + @2

 

最後に

今回自身として,初の最終2桁を達成することができました.最終日に2桁から潜れたのもs3振りで久々に最終日の楽しさを存分に味わうことができ,そして結果が出て満足してます.

現在,切断バグが非常に問題となっており,私自身もs4,s5は上位を目指す気にもなれませんでした.公式さんも対策してくださっていると思いますが,現状まだ使用者がいるとツイッターでよく目にします.今シーズン改めて上位を目指そうと思ったのはポケモンホームのレートポイントの可視化とバトルログの実装,そして切断バク使用者の垢BANによって,ある程度切断バグが落ち着いたかなと思ったからですが,早く修正されることを祈っています.(修正されるまでDLC買わんつもりです.

今シーズン自身に限っては切断バグをされることが一回もなくそういう点でも運がよかったのかなと思います.切断バグ使用者,チンパンキッス使い,一撃必殺当てるの上手な人がポケモン界からいなくなることを望んでいます.

ここまで読んでくれた心の広い方々,ありがとうございました.